« CAPRICORN な旬なずーと。 | トップページ | CAPRICORNレコからWetWillie『WetWillieⅡ』 »

2009/09/19

忘れた頃にやっと来た、Richard Manuel『Whispering Pines』

何ヶ月前に頼んだか・・・Amazon。
The Bandのピアノ・ボーカル・ドラム類い稀ない才能がありながら、
繊細過ぎた心せいか、アルコール、ドラックに溺れボロボロになりながら、
メンバーの助けでなんとか音楽活動を続けるも、
86年のツアー中に自ら命を絶ってしまう。
その半年前のN.Y.州ウッドストックのクラブでのライブ
『Whispering Pines: Live at the Gateway 1985』

もう声も擦れ、ヒドい状態なのは感じるが
さすがリチャード。
天才とまで言わしめたこの男は、そんな事もろともせず
気迫あるエレピの演奏と心から溢れんばかりの魂の歌声。
名曲 『I Shall Be Released』 はここにきても渾身の1曲
ボビーの『Grow Too Old』、J.J.Caleの『Crazy       Mama』
レイの『Hard       Times』等、絶品の曲ばかり。
本物のロックがここにある。

|

« CAPRICORN な旬なずーと。 | トップページ | CAPRICORNレコからWetWillie『WetWillieⅡ』 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496843/31438152

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れた頃にやっと来た、Richard Manuel『Whispering Pines』:

« CAPRICORN な旬なずーと。 | トップページ | CAPRICORNレコからWetWillie『WetWillieⅡ』 »