« 忘れた頃にやっと来た、Richard Manuel『Whispering Pines』 | トップページ | 朝霧Jam2009の・・・ »

2009/09/20

CAPRICORNレコからWetWillie『WetWillieⅡ』

72年2ndの『WetWillieⅡ』
WetWillie。ブルース、ブギーが中心のキャプリコーンの隠れサザンロックバンド。
隠れ?てるかどうかわからないけど、一応隠しておきます(笑)
全開南部フィーリングなので、
ストーンズばりに黒くコテコテなロック。
やはりジミー・ホールのソウルフルなボーカルがこのバンドの核。
アップテンポでボトムのしっかりした曲が多いので
ネタとしては使えるかな・・・
結構多用していました(笑)
B-4「SHOTGUN MAN」 ツインリードの絡みが熱い
けどやっぱり4枚目以降のアルバムのトム・ダウトがプロデュース
からの方が、繊細されていて落ち着いた仕上がりで
女性コーラス隊のWILLIETTESの参加で更にファンキーになり、個人的には後期。
74年『Kepp on Smilin'』75年『Dixie Rock』
共に名作。
ゴスペル、R&Bもより濃く『Dixie Rock』の
B-1「It's Gonna Stop」ゆったりしたジミー・ホールの伸びやかな歌声が
素晴らしい。

全てアナログで持っているから知らなかったけど、
再発CD出てないのかな?
Amazonの中古高すぎ・・・
やっぱりまだ隠れているんだ!(笑)

|

« 忘れた頃にやっと来た、Richard Manuel『Whispering Pines』 | トップページ | 朝霧Jam2009の・・・ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496843/31438826

この記事へのトラックバック一覧です: CAPRICORNレコからWetWillie『WetWillieⅡ』:

« 忘れた頃にやっと来た、Richard Manuel『Whispering Pines』 | トップページ | 朝霧Jam2009の・・・ »