« どんなこんなでも | トップページ | I'm Not There〜ケイト・ブランシェットのhair・・・ »

2008/12/02

年末はベストオブなんてのがぞくぞくと・・・

もう色んな雑誌でベストオブ・・・
が選考、発表になってるんで
自らは出さず、それにコメントってことで

イギリスのQマガジン
1)キングス・オブ・レオン、
2)フリート・フォクシズ、
3)コールドプレイ、
4)ヴァンパイア・ウィークエンド、
5)グラスヴェガス

なんて、出ていましたので!

キングス・オブ・レオンは最新アルバム『Only by the Night』
これはヤバすぎた・・
まさかここまでいったか的な
1ST、2NDとアメリカ的野暮ったさがあったから
めちゃくちゃカッコ良く感じたわけで
これ以上の変化を期待してもいけなく
このままでという期待もしてはいけなく
結構危険なバンドだったから

この進化は本当先も書いたように次のレベルまで
持っていったわけだ。すばらしい!
根本にあるアメリカンなロックをぎゅうぎゅうに
小さく絞ってそれを具にしてさらに大きなおにぎりを
作ってしまった的な・・・

でだ、Fleet Foxes(フリート・フォクシズ)だ
サブポップの期待の新星な訳だけど
サブポップがどうも好きになれないアメリカンロック好きな
僕ですがレーベル関係なく素晴らしくいいバンド
で、ビーチボーイズ的なポップさ
と現在のドリームロックなマイモーニングジャケットや
フレーミングリップス的な感覚、言ってしまえば
フォロアー的感は無きにしもあらずだけど
完成度がやたら高いので次ぎに期待してる矢先に

ドラマーのジョシュア・ティルマン(J. Tillman)のソロ
09/01に発売で『Vacilando Territory Blues』
これがいいわけ。

とにかくこのフリート・フォクシズは異常な感覚があると思われ
この先の世界観に期待したい。

|

« どんなこんなでも | トップページ | I'm Not There〜ケイト・ブランシェットのhair・・・ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496843/25853856

この記事へのトラックバック一覧です: 年末はベストオブなんてのがぞくぞくと・・・:

« どんなこんなでも | トップページ | I'm Not There〜ケイト・ブランシェットのhair・・・ »