2017/06/16

Mar-Keys MEMPHIS EXPERIENCE メンフィス!だよね。

Mar-Keys MEMPHIS EXPERIENCE(1971)

_000_2

はい、staxです。

これアルバムでは最後のアルバムでしょうか。
初期メンバーがすごい、セッションマンのバンド好きです。(ARSとか)

ドン・ニックス(はい、スワンプといえば)
スティーヴ・クロッパー(はい、テレキャスですね)
ドナルド・ダック・ダン(ブッカー・T&ザ・MG'sのベース)
テリー・ジョンソン
ロニー・ストゥーツ
・・・
職人揃いです。

このアルバムのころはドン・ニックス、スティーヴ・クロッパーはいませんが、
ホーン隊を中心した、のちのメンフィス・ホーンズとなるわけです。

で、このアルバムは、サイケファンクと言いますか、
素晴らしアルバムであります。

当時、ファンク・ブラスロックの流れも多いですが、
ズバ抜けています。職人ですから。

ブッカー・T&ザ・MG'sのバックを支えていると思えば納得ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/17

前回のTruckersから。。南部、サザンロック的なの。

いろんな方の記事から辿ってみたりして、南部のバンドを3つ。
(音楽ライター、山口智男さんのブログからがほぼだったり)

メンフィス出身のアメリカンルーツロックバンド
Lucero



2005年発売の『Nobody's Darlings』はジム・ディッキンソンのプロデュース。




アラバマ州バーミンガム出身のサザンロックンロールバンド
Lee Bains III & The Glory Fires




ナッシュビル出身のロカビリー・カウパンクの濃いアメリカンルーツロックバンド
Legendary Shack Shakers




好みが分かれるだろうけど、どれも南部の重苦しさが漂ってるのは変わりないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/16

そういえば Drive-By Truckers って触れてなかったな。

なぜか、明日のRockでは出てきてなかった、Drive By Truckers。

ジョージア州アセンズのオルタナ・カントリー/アメリカンロックバンド
サザン・ロックなどとも紹介されている事が多いが、本人達曰くサザン・ロックは
それほど好きじゃないと、あるインタビューで言っていたようだ、
確かに、初期のころはカウバンク的な要素も多く、ロックンロール寄りである。
どっちにしろ南部のロックには変わりない。
本国アメリカではかなりの人気なのだが、このバンドも日本との温度差が激しい(笑)

数年前にJason Isbell、最近では紅一点Shonna Tuckerも脱退しているが、
やはりPatterson Hood、Mike Cooleyがいれば十分。
Jason Isbellは2013年のソロ『Southeastern』がかなり良いので、
こちらはまた後で。

最近の11作目?かな『English Oceans』、ここんところJason Isbellが抜けて
ちょっとアレ?って感じだったんだよね、けどこのアルバムは◎。
哀愁のあるギターに、重量感のあるリズムは相変わらず。
基本シンプルなルーツロックなんだけど、あの特異なギターの音色と、
時にカウパンク感が入り混じって、いわゆるオルタナ・カントリー群とはちょっと違った
空気がある。
結構深いので、聞き流すよりは、何度もじっくり聞いた方がいいと思う。



Drive By Truckersは、まず最初に聞くべきはやっぱ『Southern Rock Opera』からだよね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/02

Umphrey's Mcgee 『Similar Skin』

だいぶ放置しました、、当ブログ。

Umphrey's Mcgee 『Similar Skin』

6枚目スタジオ・アルバム

前作に比べて、というか今までの中でも一番、ロック・メタルな内容。
好きです。

もちろん、相変わらずのラッシュ・クリムゾンなプログレ感は残しつつ、
あれ?メタリカ?とも思わせるぐらいのパンチある曲も。
ただスタジオアルバムなので、やけに曲が短く感じる。。ライブだねやっぱ。

5.Similar Skin プログレジャム感のあるいつものUmphrey's Mcgee節
10.Hindsight メタリカか一時期のC.O.Cみたいな。かなりかっこいい。


Bonnarooで一度ライブみたけれど、ギターとドラムはほんとヤバいです。
というわけで、おすすめでありんす。
amazon、LP安くなってる。。HMVで買っちゃったよ。。クッ
そうそう今officialでは、UMLive AppをダウンロードしてLive音源が楽しめます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/04

WILCOのジョンとパットによるThe Autumn Defense

11/6に新譜をリリースするThe Autumn Defense
メンバーはWILCOのアンクル・テュペロ時代からのベース、John Stirrattと
同じくWILCOのKey/GのPat Sansoneの二人ユニット。

サウンドはWILCOの荒々しさを取り除いたような、
アメリカンルーツ・フォーク。
歌声も優しく、メロディもしっかりしていて、
ウィスキーを飲みながらゆっくり聞くのがいいです。

2014/1/14~/16バンドセットでの初来日。。行きたい。SMASH

現在NoiseTradeでサンプルがダウンロードできますよ。こちらから

bandcampからは視聴できます。このアルバムが最高です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

«買いそびれてるCD 2013/9/11